HOME > 組合一覧 > 大阪建築金物工業協同組合
最終更新日: 2015/02/18

大阪建築金物工業協同組合

業界構造の高度化・近代化事業を推進し、業界の活性化を図ります
大阪建築金物工業協同組合は、業界構造の高度化・近代化事業を推進し、建築金物並びに関連商品を製作する企業ならびに団体に拡大し、建築金物製造業者が、将来に迫ってくる内外の困難な課題に向けて体制を固め、積極的に業界の活性化を図る団体です。
建築金物は、建築物及びその付属物に使用される金物の総称であって、機能面はもちろん、衛生、防犯、装飾の面からも重要な役割を担っています。
建築金物には、歴史ある和式金物と明治中期以降に発達した洋風金物があり、品目としては、錠前(ドアロック)、蝶番(丁番)、ドアクローザ(ドアーチェック)、フロアヒンジ、窓用金物、手すりなど、さまざまなものがあります。
洋風金物が欧米から輸入されはじめた明治時代以降、大阪地域には輸入業者や問屋が多く、大正初期には大阪は建築金物の一代産地となりました。近年は、建築金物のニーズも変化し、耐震、介護・バリアフリー関連、高い防犯性を備えた製品などが多くなってきています。

組合名 大阪建築金物工業協同組合
所在地 大阪市中央区島之内 1-13-31
TEL 06-6271-4365
FAX 06-6241-1495
URL http://www.jha-net.or.jp/office.htm
E-mail info@jha-net.or.jp
設立 昭和27年4月12日
会員数 53社

MONO.net COLLEGE

よくあるご質問

サイト利用申込

広告掲載のご案内

協会からのお知らせ一覧

  • 10月10日
    ものづくり通信発信しました。
    大阪府ものづくり振興協会は、大阪府内の中小製造業組合の集まった協会です。
  • 11月30日
    つながりました♪(成果発表)
    osaka-mono.netを通じて、お仕事につながりました。
    ~利用事例です~
  • 12月08日
    大阪人材確保推進会議
    建設業や運輸業、製造業などでの深刻な人手不足の解消を目指そうと、行政や業界団体などで作る会議が発足し、業界のイメージアップを図る取り組みから、始めることになりました。
    会議には、大阪府をはじめ、労働局や運輸局、それに、建設業協会やトラック協会など、およそ20の行政機関や業界団体などの代表らが参加しました。(製造業界団体としてもの協も参加)

セミナー・イベント情報一覧

ページTOPへ